マネーフォワードとReceReco連携で家計簿が楽ちん過ぎたww

スポンサーリンク

家計簿のマネーフォワードを使い始めた

image44

私は長年経理で会社のお金を計算してきたのに、自分のお金の管理は下手すぎて、思うように出費や貯蓄額などを把握出来なかったので、結婚当初からいろんな家計簿を使ってきました。

キャンパスノートに手書き、家計簿マム、Excelで自作、市販の家計簿などなど、あらゆる家計簿を試しましたが、なかなか「これ!」というものに出会えませんでした。

確か去年はまたキャンパスノートに手書きしてたような気がします(汗)

今年に入りあるブログを読んでいたら、横に出ていた広告がたまたまマネーフォワードだったんですよ。

んで、クリックしてみてホームページを開くと、こんなことが書かれていました。

自動だから、手書きの家計簿のつけ方に悩む心配はありません。
マネーフォワードはPCでもアプリでも、無料で簡単に続けることができる
自動家計簿です。

 

えっ、自動?ホンマ?それなら私でも続けられるんとちがう?」と思い込み始めてみました。

スポンサーリンク

 

マネーフォワード大正解

image45

この表やグラフ、私がひとつひとつ入力したんじゃありませんよ。

自動です!自動!

銀行やクレジットカード会社と連携しておけば、明細をひとつずつ自動で取り込んで勝手に入力、分析してくれます!

現金で支払った場合は、ReceRecoというアプリで、レシートをパシャと写真を取ればそれも自動で取り込んでくれます。

ReceRecoとの連携はめっちゃ簡単!

カテゴリ: ファイナンス 現在の価格: 無料
マネーフォワードの「設定」から「金融機関を追加」を選びます。「その他」を選び、その中からReceReco(下記の図の赤丸のついたところ)をクリック。

image53

ReceRecoにログインすると、下記のような案内がでます。

「マネーフォワード」ができること
●レシートデータの取得 タグ設定の取得
●ユーザー属性の取得(性別・誕生年など)
●ReceRecoアプリの外部サービス連携設定画面から、いつでも許可を無効にすることができます。

そして、「取得」をクリックすれば完了!

これで毎日のお買い物のレシートをパシャパシャ撮れば、ノートに書き込まなくてもExcelで入力しなくても、自動で入力、分析してくれます。

銀行のATMに並ばなくなった

image55

マネーフォワードは毎日データを更新しているので、ReceRecoで撮ったレシートも銀行口座の残高、クレジットカードの利用など、その都度お知らせしてくれます。

明日はクレジットカードの引き落とし日なのに、残高不足で引き落としができなかった!っていう事故も防げます。ホンマ、メッチャありがたい機能ですよね。

入金があればそれもお知らせしてくれる。

入金のあった口座から別の口座へお金を移したい時もありますよね。引き落とし口座がお給料の口座とは別とか。そんな時も銀行の口座へ並ばずに、マネーフォワードのリンクから銀行のネットバンキングへすぐに行けます。

もう銀行のATMに並ばなくて済むようになりました。毎月25日なんて、すんごい人が並んでるから嫌になりますしね。

いや~、ホンマ楽ちん楽ちん♪

マネーフォワードのプレミアムプランって必要?

image56

私は最初、マネーフォワードの無料プランで使っていましたが、登録できる金融機関に制限があるんですよね。

うちは自営をやってることもあって、銀行口座が多いのでプレミアムプランに変更しました。

プレミアムプランは、ボタンひとつですべての銀行、クレジットカード、電子マネーなど最新の情報がすぐ手に入るんですごく助かる。

月額500円なんですが、iTunesから契約すると480円になって少しだけお得です。

家族構成や年齢などを登録時に入力してるので、他のよく似た家庭と比べて使いすぎてないかとか、節約ポイントがすぐに把握できるのがプレミアムの良さですね。

ReceRecoとの連携でさらに使いやすくなったマネーフォワード。

「本気で家計改善しませんか?」 はい!頑張ります!

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の無料家計簿
カテゴリ: ファイナンス
現在の価格: 無料
スポンサーリンク

あなたにシェアしてもらうとめっちゃ嬉しい!

ABOUTこの記事をかいた人

リエ

奈良県在住。終活とミニマリストに目覚めたアラフィフ。
オカメインコと2代目ゴールデンレトリバー、そしてオットの4人(?)暮らし。
【趣味】ふきそうじ 動物のお世話
【性格】楽天家 即行動 凝り性
中高年と言われる年代のこれからの生き方、お金、働き方などの悩みや不安を乗り越えて、
人生をプラスにかえていくブログです。
愛犬やオカメインコとの暮らしぶりも綴っています。