うつ病で仕事を続けるのは危険!うつを克服した私の体験記。お金の心配は国の制度を利用して心を休めよう!

スポンサーリンク

こんにちは! リエ (@riereco)  です。

きのうのYahoo!ニュースに掲載されていた見出し「いよいよ始まる職場のストレスチェック制度」が目に止まりました。

やっとストレスチェック制度が始まるようですね。私も重度のうつ病だったので早くこの制度があれば良かったのになぁと思います。

うつ病は誰でもかかってしまう病気ですが、なりやすい人とそうでない人がいるのも確かです。

うつ病にはなりやすい人はこんな人。

  • 自分は大丈夫って思ってる明るいキャラ
  • 楽天家
  • 責任感が強い
  • 頑張りすぎる人

逆にうつ病になりにくいひとはこんな人。

  • 日頃からマイナス思考の人
  • 何事にも逃げてばかりの人
  • 常に何かに文句ばっかり言ってる人

マイナスな思考や文句を言うこと、不利なことから逃げることで意外と上手にストレスを回避してるんですよね。

うつ病を経験した私はそう思います。

今でこそ、このブログを立ち上げて毎日お気楽でアホなことばっかり書いてますが、うつの最中はツライっていう言葉では言い表せないくらい辛かったです。

今日は職場が原因でうつになってしまったのなら、思い切って休む・辞めるという決断をしよう!というお話です。

※長いお話です。目次の読みたい項目をクリックしてジャンプもできます。

スポンサーリンク

職場の人間関係と激務で重度のうつ病に

love-1281655_640

プロフィールでも書きましたが、私は10年勤めた会社でうつ病を発症しました。

原因は、上司が変わったことによる職場の環境変化、それと同時に始まった同僚からのイジメと残業続きの激務でした。

症状はひどく、普通の生活もできなくなって、1年間の休職の後、仕事を辞めることになりました。

判断ミスやうっかりミス、物忘れは病気のせい

hotline-1331313_640

勤めていた職場の人数が減り、仕事が増えて残業が毎日のように続くようになりました。そのうちだんだん食事をしても味がしなくなってきて、あまり夜も眠れなくなりました

うっかりミスや物忘れもひどくなり、今までしたことのないような判断ミスもやってしまい、「自分はこんなことも出来ない人間なんや」と思いつめるようになりました。

うつ病であらわれやすい初期の症状は次のとおりです。

  • 判断ミス うっかりミス
  • 電話に出られない
  • 朝起きられない
  • しゃべりたくない
  • 字が踊っている、飛んでいるように見えて読めない
  • ご飯が食べられない

これらの症状は病気のせいです。脳の機能が低下するためこのような症状がでて判断力が鈍くなっているだけです。病気が治ればこれらは回復しますので安心してください。

うつ病と診断されたら仕事はしっかり休む

dog-717718_640

こういう状態が長く続き、私の変化を見ていたオットが一緒に病院へ行こうと言ってくれました。

でもまさか自分がうつ病だとは思いもしなかったので、ちょっと楽になるなら行ってみようかと思い、オットの意見に素直に従って病院へ行くことにしました。

診断の結果、重度のうつ病で入院が必要だと言われましたが、それだけは絶対に避けたいと拒否。先生と会社を休むという約束で通院して治療することになりました。

自分がうつ病だと診断されてから、判断ミスや物忘れ、ご飯が食べられないなどの症状は病気のせいだとわかり、少しホッとしたのを覚えています。

会社へうつ病のため休職したいと申し出て、1年間休むことになりました。

もうしばらく会社に行かなくて済むんだとわかると、体中の力が抜けてしばらくベッドがから起き上がれなくなりました。

でもそのおかげで気分的には少し楽になったような気がします。

病院でうつ病と診断されたら、仕事をしっかり休んでココロを休ませてください。

病院はちゃんと話を聞いてくれるところを選ぶ

doctor-and-patient-1080409_640

うつ病と診断し私に仕事を休むように言ってくれた今の病院にかかるまで、2回病院をかえています。

最初の病院ではあまり話も聞いてくれないうちに「ホルモンの影響でしょう」と言われ、薬ももらいましたが一向に良くなりませんでした。

次に見つけたこの病院は、婦人科と心療内科の病院です。院長がひとりで切り盛りしている小さな病院ですが、患者さんの話をきちんと最後まで聞いてくれる優しい先生です。自分のことのように一緒に悩んでくれます。本当に良い病院に巡り会えました。

うつ病かな?と思ったら、大きな病院であれ小さな病院であれ、きちんと話を聞いてくれる先生がいる病院を見つけてください。良い病院を見つけるのは本当に難しいと思います。でもあなたのことをわかってくれる先生がきっとみつかります。

そして精神科の病院は普通の内科となにも変わりません。怖くないので良い先生を根気よく探してみてください。

環境(原因)が変わらなければ病気は治らない

lifting-24401_640

あなたがうつ病になってしまった原因はなんですか?私の場合職場の人間関係と終わらない仕事が原因でした。

うつ病は薬も大事ですが、環境(原因)を取り除く、変えることが一番大切だと思います。

私が病院でうつ病だと診断され、薬を処方してもらってやっと自分に合う薬が見つかりました。でも会社に通っていたらどうでしょうか?治ると思いますか?

毎日いじめられ、残業続きの職場で働いていたらどうでしょうか?薬によって気持ちが持ち上げられているのに、同じ環境に身を置いていては病気は治りません。

うつ病の原因になった環境(原因)を取り除く=仕事を辞めることが病気を治すという意味で一番大きな選択だと思います。

私は1年間の休職期間中に回復しなかったため、やむなく会社を辞めることになってしまいましたが、結果的にこの選択が病気を治してくれたんだと思っています。

薬もよく効くようになりました。

仕事を休む、辞めるという決断はなかなかできることでは無いと思います。でも命のほうが大事だというのは言うまでもないですよね。

うつ病は命を落とすことにもなりかねない病気です。

私も病気の間、近所の池に飛び込もうとした経験があります。体を消しゴムで消せるなら消してしまいたいと思っていました。だからこそ、手遅れになる前に環境を変えて原因を取り除くことを考えてみてください。

お金の心配は国の制度を利用すればなんとかなる

piggy-bank-1510497_640

傷病手当金を利用する

どこの会社も仕事を休むと給料がもらえません。仕事を辞めたくても辞められない原因はお金ですよね。働かなくても食べていけるなら仕事はいくらでも辞められます。

うつ病は精神的に弱い人間がなるものでも、気の持ちようでもなく、「病気」です。ですので、病気のせいで働けなくなった時は国の援助を受けることができるんです。

その制度が傷病手当金です。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

Via:協会けんぽ

傷病手当金は支給開始日から最長1年6ヶ月は支給を受けることができます。結構長いですよね。私は1年6ヶ月間支給していただけたおかげで、当面のお金の心配からは開放されました。

そして支給される金額はもらっていた給料の3分の2です。支給を受ける条件や提出をしなければいけない書類もあります。受給資格があるかどうかを確認する必要もありますので、詳しくは協会けんぽへ問い合わせてみてください。

自立支援医療(精神通院医療)を利用する

自立支援医療というのは、精神疾患の治療のためにかかった病院代、薬代の負担を軽くしますよという国の制度です。

うつ病の薬は種類がたくさんあって、自分に合う薬が見つかるまで時間がかかります。私も何種類も試しては止めての繰り返しでした。当然その薬代も安くありません。

合うまでの期間にも高い薬代を負担し、合う薬が見つかってもそれを長く服用するので、その薬代も負担になります。

この自立支援医療制度は、通常3割の自己負担が1割にまで下がります

私の薬代が例えば1万円とすると、通常なら3,000円の自己負担になりますが、この自立支援医療制度を利用すると1,000円の負担で済みます。

そして所得が少ない場合には負担する上限を設定してもらえるので、もっと負担額は下がります。私もこの制度を利用することで病院代と薬代が大幅に負担が少なくなってすごく助かりました。

これも提出しなければいけない書類があり、書類をもらうのも提出するのも市役所、区役所などの役場になります。その書類には病院で書いてもらわないといけない書類もありますので、病院へ行ったときに先生に書いてもらってください。

傷病手当金が終わっても障害年金がある

1年6ヶ月という長い間給付される傷病手当金ですが、この病気は長引くことも多々あります。

傷病手当金の支給が終わってしまっても、まだ仕事に復帰できない、生活に支障があるというような状態なら、障害年金をもらえる可能性があります

今の精神状態や生活への支障がどれだけあるのかによって受けられる障害年金の等級に違いがあり、支給される金額も違ってきます。

日本年金機構のホームページにいろいろと記載されていますが、すごく細かく書かれていて難しいですし、病院の詳しい診断書も必要です。まずは今の状態について最寄りの日本年金機構の事務所へ相談し、支給要件や提出する際に必要な書類などを聞いてみてください。

働けるようになったら失業保険だって受け取れる

うつ病になり、会社を辞めたら失業保険の受給資格ができます。でも病気のためすぐに働くことが出来ない場合、最長3年まで受給資格を延長することができます。

この適用を受けたい場合、仕事に就くことができなくなった日の翌日から1か月以内に管轄のハローワークに届け出を出しておいてください。代理人でも大丈夫です。

詳しくはハローワークのホームページを御覧ください。

お金の心配、少しはなくなりましたか?

頑張っていたのにうつ病になり、生活が苦しくなっても国の支援があります。

  • 傷病手当金
  • 自立支援医療
  • 障害年金
  • 失業保険

国が支援してくれるものを最大限利用しましょう。そうしてゆっくり病気を治してから、失業保険の給付を受け取りながら新しい仕事を探しましょう。

うつ病の家族がいる方へ

africa-1300132_640

私のうつ病を最初に発見してくれたのはオットです。ご飯を食べなくなる、しゃべらない、イライラしている、表情がなくなるなどの変化をいち早く見つけてくれて、病院へ行こうといってくれたことは今でもすごく感謝しています。

病気がわかってからは、うつ病のことをネットや図書館で調べて理解しようとしてくれました。その上でうつ病に効果的なものを探し出し、アロマテラピーのマッサージをしてくれたり、鍼灸院でうつ病に効く針を打ってもらいに行ったり、モーツァルトがうつ病に良いと聞けばCDをかけてくれました。

でも残念ながらそれらが効くことはなく、結局一番効果的だったのは、合う薬が見つかったこと、話を聞いてくれる良いお医者さんに巡り会えたこと、仕事を辞めたこと、そして夫の理解でした。

これらがひとつでも無ければ私は回復していません。

うつ病はひとりでは治せない病気です。家族の理解が絶対に必要です。怠けているわけではなく、甘えてるわけでもなく、気持ちの持ちようでもありません。

病気にかかってしまったんです。

この病気は手術でも治らない、薬だけでも治らない、再発しやすく、理解してもらいにくい病気です。

家族のあなたが一番に理解してあげてください。

金銭的な援助は国がしてくれますが、それには詳しい病院の診断書が必要です。それを書いてもらうためにお医者さんと傷病手当金や自立支援医療について難しい話をしなければいけません。でも、きちんと話ができる状態ですか?そうでなければご家族の方が一緒に診察室に入って先生に話をしてあげてください。

うつ病を一緒に治そうと思ってあげてください。うつ病はツライ病気です。孤独です。ぜひちからになってあげてください。

スポンサーリンク

あなたにシェアしてもらうとめっちゃ嬉しい!

ABOUTこの記事をかいた人

リエ

奈良県在住。終活とミニマリストに目覚めたアラフィフ。
オカメインコと2代目ゴールデンレトリバー、そしてオットの4人(?)暮らし。
【趣味】ふきそうじ 動物のお世話
【性格】楽天家 即行動 凝り性
中高年と言われる年代のこれからの生き方、お金、働き方などの悩みや不安を乗り越えて、
人生をプラスにかえていくブログです。
愛犬やオカメインコとの暮らしぶりも綴っています。