自治会にを退会。辞めたけど入居17年、ゴミ問題もなく普通に生活してます。

スポンサーリンク

こんにちは! リエ (@riereco)  です。

自治会って入ってますか?入りたくない方も多いのではないでしょうか?

うちは一軒家ですが、自治会を辞めてから15年が経ちました。入居当時は仕方なく入っていましたが2年経って辞めました。

私の住んでる町は、昔から住んでる方の地域と、新興住宅地とが真っ二つに分かれていますが、自治会に関しては新興住宅地の中で出来ずに、昔からの地域の自治会に加入するという形になっていました。

うちは新興住宅地に家を建てたんですが、自治会を辞めたのはキッパリ、嫌になったからです!(笑)

今日は自治会について「入らないという選択もありじゃないの?」という勝手な持論をお話します。

スポンサーリンク

自治会、入りたくないねんけど。

自治会、けっこう面倒くさいですよね。

街の美化運動や会計になってしまったら町内周って集金とか。

そんな自治会。実は、自治会は強制ではありません。任意の団体です。「絶対」入らなければいけないものではないんですよ~。

これには過去に判例があります。

平成17年4月の最高裁判決(自治会費等請求事件)
自治会は強制加入団体ではなく任意団体であり、入退会は自由であるという判例が出ています。
Via: 市民と弁護士つながるネット

自治会に仕方なく入ってるなら、ちゃっちゃと辞めて自分の時間に使ったほうがいいですよ。まぁお世話好きな人はやってたら良いと思いますけど。

自治会を辞めた理由その1「自治会費の不透明さ」

私が自治会を辞めた理由のひとつは、「自治会費が何に消えてるのか不透明」ということです。

入会金3万円ですよ、3万円!

おまけに年間12,000円

リエ
自治会費が何に使われてるのか教えてください。
自治会長
町内の街灯の電気を換えてたり、消火器の設置などです

街灯の電気がそんなしょっちゅう切れます?

んで、余剰金があっても返還がないのも不思議です。

例えば、町内に50軒あるとすると、年間60万円です。そんなん絶対余ってきますよね。会費が余ったら返したらいいと思うんですが、内部留保しておく必要があるんでしょうか。

 

自治会を辞めた理由その2「葬式は絶対世話役」

町内に住んでる方が亡くなると、役員をしている人間はそのお葬式の世話役にならないといけないという自治会に決まりがありました。

今時そんな規則ありえへん!と思いますが、役員やってる時にこう言われました。

自治会長
お葬式の時は、世話役をしてください。
リエ
うちは夫婦共働きなので出来ませんけど…
自治会長
それなら会社を休んででもするのが当たり前!

会社を休んでまで町内の知らん人の葬式で世話役するのか理解できませんでした。

最初から知っていれば拒否もできましたが、知らなかったので仕方なくそのお葬式だけは世話役をしました。

毎回お葬式で誰がどの役をするかという打ち合わせのために、自治会長をやっている人の家を会合に使うらしく、当時自治会長をやらされていた私の家のリビングが打ち合わせ場所に

ただでさえ人付き合いが嫌いで、あまり家に人を入れたことないのに、もう嫌で嫌で。公民館の意味って一体なに?

リエ
絶対自治会辞める!

そう決心しました。

自治会を辞めてもゴミ出しで文句は言われない

自治会を辞めるにあたって一番心配したのがゴミ出し。

この町内会はゴミステーションのようなものがなく、ブロックごとの角、または畑になっている空き地の前にゴミを置くという決まりがあります。

役所の衛生課に電話してみたら「ゴミは自治会への加入は関係なくきちんと回収します」と言われました。

ゴミ集積場の清掃はどこの自治会でも交代でやってると思いますが、私は自主的にときどき清掃しています。近所の人も私の清掃している姿を見て「ありがとう」と言ってくれます。

ゴミ集積場の掃除もしてないのにゴミ出ししてると文句を言われないためでもありますし、町内の美化はその町に住んでる者の役目だと思うから勝手にやってます

イジメに合わないか心配?

人付き合いが嫌いな私にも立ち話をするくらいの知人はいます。そのうちのひとりも自治会を辞めたいと私に相談してきました。

自治会を辞めてイジメにあったらどうしよう…と心配しているらしく、私の様子を知りたかったと言うんです。

はっきり言って、イジメなんかまったくありません。

今がまだ自治会に入る前なら、きちんと自治会について話を聞いたほうがいいでしょう。もし辞めたいと悩んでるなら、近所で辞めた人に話を聞いてみてください。案外親切に教えてくれますよ。

やめても生活になんら支障がないですし、助け合いの精神は自治会に入ってる人だけが持ってるものでもないです。隣近所、仲の良い知人・友人がいるなら十分だと私は思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ブログランキングに参加中!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ