オットと大ゲンカ!離婚の話で見えた、「私の幼稚性」と「離婚するとこの先どうなるか」が分かった

スポンサーリンク

こんにちは! リエ (@riereco)  です。

この2日間、オットと大ゲンカしていました。

離婚話にまで発展し、自分の性格の根深い問題がわかり、離婚してしまうとふたりはどうなるのかを考えることになりました。

子供のいない夫婦ふたり暮らし。ケンカを止める人もいないので、情けないことにケンカするたびに大ケンカになります。

今回のケンカの原因は、私が勝手に買ってきた漢方薬。

オットのためによかれと思って買ってきた漢方薬は100gが15,000円もする高価なものです。

勝手に買ってきたことにも、高価なものを買ってきたことにも腹を立てたオットに対して、良かれと思ってやっと事に感謝の気持ちもないのか!と私も腹が立って大ゲンカ。

その結末が離婚という、なんとも情けないお話です。

幸い結果的に離婚にはなりませんでしたが、話し合った結果、私の性格にも問題があることがわかりました。

私は言いたいことや不満を溜め込んでしまい、こんなケンカのときに爆発するので、事が大きくなってしまうと言うことにお互い気が付きました。

その気付きも大切ですが、残る住宅ローンのこと、借金のこと、仕事のことなど、離婚によって辛い決断をしなければいけないこともわかりました。

スポンサーリンク

私の性格は子供時代で成長が止まっている?

私はきっと子供時代で人格の成長が止まっています。

私と会ったことがある人はわかると思うのですが、自分ではこんなにヒドイとは思いませんでしたww

今回のケンカでオットが分析してくれてわかったことです。

子供がいれば母親として人ととして成長するんでしょうけど、わたしには子供がいません。

「人生楽しければ、他所様に迷惑かけなければそれでいい」がモットーだったので、今まで嫌なことは避けてきました。

人間、壁に突き当たってそれを超えることで成長しますよね。私はそれを避けてきたんですからそれが原因で成長しきれなかったのかもしれません。

毎日楽しく過ごしたいがために、言いたいことや不満は極力飲み込んできました。というか腹に溜めてたんですね。

話し合って気が付きましたが、表面でヘラヘラ楽しそうに笑ってるだけで、実は腹の中は主張や不満でいっぱい。今までずっとそんな人生だったんだと思います。

さらに私は自分の考えを人に伝えるのがすごく下手。自分の意見を上手に伝えるにはどうしたらいいのかサッパリわかりません。

なので飲み込んでしまうんです。

言ってしまえば八方美人ですよね。良いことしか言わないんですから。ホンマ我ながら嫌な性格ですねぇ(笑)

これからはお腹に溜めないよう、毎日時間を決めてきちんと話しをすることになりました。

離婚すると共有名義の住宅ローンはどうなるの?

わが家は住宅ローンを組む時に共有名義にしました。

資産形成の勉強をしたわけではなく、二人でローンを返していくという形でしたので共有名義を選び、ローンは私がオットの連帯保証人になりました。

これが離婚となると厄介。困るんですよねぇ。今回はホンマ勉強になりました。

離婚に際して不動産を処分することもありますよね。

住宅ローンが残っていない場合は、そのまま売ってしまえばいいのですが、住宅ローンが残っている場合は簡単に処分できません。

売却金額より住宅ローンの残債のほうが多い場合に問題があります。

例えば、売却金額が2,000万円、住宅ローンの残債が2,500万円だと、500万円の差額が出ます。これを一括で支払うことができれば問題ないのですが、そうでない場合、住宅ローンを残したままでは売却ができないんです。

不足分の500万円を貯蓄で払う、払えなければどこからか借金する、売却せずに住宅ローンを今まで通り払うかの選択しかありません。

いつ離婚になるかわからないですもん、お金はやっぱり貯めないとアカンなと強く思いました。

おひとりさまの最期を迎える覚悟を決める

夫婦ふたりでも、最後に残った方は「おひとりさま」となるわけですが、それまでの間はふたりでいられるわけです。

離婚した場合、その期間が長くなります。

ひとりで生活、ひとりで死んでいく覚悟をもたなければいけません。

まだ若くて再婚も可能ならそれもありだと思いますが、私はもう51歳ですし、一回離婚してしまったらもう二度と再婚はしませんww

お金の管理、健康管理、最後の迎え方をひとりで全部できればいいですが、なかなかできませんよね。

今回、離婚という形で「ひとりで生きていくこと」も頭をよぎったので、女ひとりで生きていくにはお金、健康など勉強しておかなければいけないことも見えてきました。

まだ体に自由がきくならいいですが、寝たきりになってしまったり、反対に痴呆になってしまった場合など、考えておかなければいけないことは山積みです。

オットの包容力で助けられた

私の性格のせいで、事がおおきくなってしまった今回のケンカですが、私の幼稚な性格、主張を溜め込んでしまう性格をオットが汲み取ってくれ、一緒に楽に生きられるよう提案をしてくれました。

おかげで離婚という最悪な結果にならずに済みました。

老後のこと、仕事のこと、家のこと、すべて話し合って前に進もうと思います。

また明日からブログいっぱい書くぞ~~。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ブログランキングに参加中!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



ABOUTこの記事をかいた人

リエ

奈良県在住。終活とミニマリストに目覚めたアラフィフ。
オカメインコと2代目ゴールデンレトリバー、そしてオットの4人(?)暮らし。
【趣味】ふきそうじ 動物のお世話
【性格】楽天家 即行動 凝り性
中高年と言われる年代のこれからの生き方、お金、働き方などの悩みや不安を乗り越えて、
人生をプラスにかえていくブログです。
愛犬やオカメインコとの暮らしぶりも綴っています。