この世を去った電通社員の心の叫びが届かなかった。ひとりで決断する前に悩みを聞いてもらって。

スポンサーリンク

こんにちは! リエ (@riereco)  です。

電通の社員さんの訃報。心からお悔やみ申し上げます。

私も会社での激務で重度のうつ病を発症したひとりとして、このニュースを聞いて書かずにはいられませんでした。

広告業界だけの話ではありません。会社での人間関係や残業続きの激務が原因でうつ病を発症したにも関わらず、泣き寝入りしている人がどれほど多いことか。

私がうつ病を発症し、会社を辞めざるを得なくなった時、オットには労災申請はしないで欲しいと頼みました。理由は会社に迷惑がかかると思っていたから。自分がつらくても会社に迷惑がかかると思ってしまうんです。

オットは労働基準監督署にまで行って話をしたそうですが、その後、私の気持ちを察してくれて結局労災申請はしませんでした。

単なる労災じゃない。うつ病にさせた会社の責任

彼女の心の叫びは誰にも届いてなかったんでしょうか。

孤独で辛くて、体力も限界をとっくに超えてて、どこにも逃げ場がなかったんでしょう。

胸が痛いです。痛すぎます。

スポンサーリンク

消えたい、消えたい、消えたい

rain-1700515_1280

うつ病になると、自分自身を消してしまいたい衝動に駆られます。私もそうでしたが、体を消す消しゴムがあれば一日中でもこすって消していたでしょう。

「こんなことくらいで」と考え潰れてしまう自己嫌悪。

消えたい、消えてしまいたい。自分で命を断つことが楽になる唯一の方法に思えて、それが恐怖に勝ってしまいます。

私もそういう思いを経験したからわかるんですが、すぐそばで話を聞いてくれる人がいれば、彼女はまだ生きていたのかなとも思います。

その決断をする前に話しをして欲しい

今、辛くて辛くてどうしようもないなら、話を聞いてくれる人をみつけてください。そして相談できる家族、友人にたのんで心療内科を探してもらって下さい。

相談をする人がまわりにいない場合、下記に相談できるところがありますよ。

 

こころの耳(厚生労働省)

https://kokoro.mhlw.go.jp/

電話0120-565-455(フリーダイヤル)

こころの耳は、こころの不調や不安に悩む働く方や、手助けをするご家族の方、職場のメンタルヘルス対策に取り組む事業者の方などの支援や、役立つ情報の提供を目的に作られた、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトです。


こころの健康相談統一ダイヤル(厚生労働省)

電話0570-064-556(ナビダイヤル)

各都道府県・政令指定都市が実施している「心の健康電話相談」等の公的な電話相談事業に全国共通の電話番号を設定することにより、全国どこからでも共通の電話番号に電話すれば、電話をかけた所在地の公的な相談機関に接続されます。


よりそいホットライン 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター

電話0120-279-338

24時間通話料無料。携帯電話・公衆電話からもつながります。

どんなひとの、どんな悩みにもよりそって一緒に解決する方法を探します。


NPO法人 国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター

電話03-5286-9090

年中無休。夜8時から翌朝6時まで

「孤独を感じる」「身近な人には打ち明けづらい」。そんな苦しい思いを、聞かせてくれませんか?
私たちは電話であなたの悩みを伺い、つらい気持ちを分かち合い、
【心】に寄り添うことを目的とした活動を行っています。

会社で何を言われようと休んで病院に行って下さ

自分がうつ病だと認識してなくてもいいので、今、ツライなら電話相談をして話を聞いてもらうか心療内科に行ってください。

私は自分がまさかうつ病だとは思いもしなかったので、病院でうつ病だと言われて「つらかった原因」がわかりホッとした記憶があります。

ひとりで悩まず、ひとりで決断せず、ツライなら話を聞いてもらいましょう。決して自分を責めないでください。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ブログランキングに参加中!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ