「背中が寒い」と言っていた40代後半のオット。オルニチンを飲んだらホットホット♪になった話。

からだの健康

こんにちは、 リエです。

何年前からか忘れましたが、真夏以外はオットがいつも

 

オット
オット

 

背中が寒い、凍える・・・寒すぎる・・・

 

 

って言うんです。

 

真冬でもないのに家の中でもダウンジャケット着込むくらい寒がってました。手も冷たいんです。

 

寝起きはガタガタ震えるほどの寒がりよう…

 

私はあまりにも寒がるオットの姿を見て、「男にも冷え症があるんやろか」と、しょうが湯を飲ませる程度は心配していました(笑)。

でもしょうが湯くらいじゃ温まらないらしく、唇の色も紫っぽくなるほど震えて寒いと言ってました。

スポンサーリンク

同年代の友達に相談していた

オットは自分の体調のことを同年代の友達に相談していたようで、

 

・寒くてしょうがない
・特に背中の真ん中が寒い
・気力が続かない
・疲れやすい
・頭がスッキリしない

 

なんかこんなことを言ってました。

その友人はオルニチンを飲んでみたら?と勧めてくれたようで、早速ネットで注文していたオット。

 

 

なんでオルニチンなのかはわかりませんが、「とにかく飲んでみるわ」と、素直に話を聞いていました。

 

オットはサプリメントの類は昔っからまったく信用してなかったんですが、信頼している友人のススメだったこともあり、しばらく飲み続けてたんです。

オルニチンってなに?

 

リエ
リエ

 

オットの友人がススメてくれた「オルニチン」って何やろ?

ウィキペディアから引用すると、

オルニチン (ornithine、略称 Orn) は、アミノ酸の1種で、尿素回路を構成する物質の1つである。アルギニンの分解によって生成する。分子式は C5H12N2O2、IUPAC命名法では 2,5-ジアミノペンタン酸(2,5-diaminopentanoic acid)と表される。分子量は 132.16。2番炭素がキラル中心であるため、1対の鏡像異性体を持つ。こられのうち天然型は L体(S体)で、CAS登録番号は [70-26-8] である。なお、D体(R体)のCAS登録番号は 348-66-3、ラセミ体(S体とR体の等量混合物)のCAS登録番号は [616-07-9] である。

 

ん~・・・・、難しすぎてようわからん。

 

しょうがないのでサプリを販売しているあちこちの会社の情報をまとめると、

 

・しじみの成分
・お酒を飲む方に良さげ
・アミノ酸たっぷり
・朝からスッキリ
・あの人も納得

あのひとがどの人なのかは不明(笑)。

 

要は、しじみに含まれるアミノ酸のサプリってことでしょうか。

 

「二日酔いにはシジミのおみそ汁」っておばあちゃんに聞いたことがありましたっけね。

体に良さそうなのは何となくわかりました。

震えるくらいの寒さが止まった

肝臓に良さそうなオルニチンがなぜ、オットの背中の寒さを和らげることができたのかはわかりません。

でも明らかにブルブル震えるくらいの寒気がしなくなったと言って喜んでいます。

 

おまけに朝からスッキリして気分が良いらしい。広告そのまんまやん(笑)。

 

ちょっと凹んでた気分も上向きになって、その気持が持続しているようで「やったるで!」と言ってます。

 

何をやったるんでしょうか・・・w

 

そうそう、オルニチンと一緒にオススメだった、イチョウ葉のサプリも同時に買って飲んでいました。DHCのサプリは買いやすい価格でありがたいですよね。

 

 

 

まとめ

オルニチンがオットの寒気にどう作用したのかは結局謎のままですが、横で見ていても明らかに元気ですし、ダウンジャケットも着なくりました(笑。

しょうが湯も飲まなくなったので余ってます。

とにかくオルニチンを勧めてくれた友人に感謝です。

 

オット
オット

オルニチン、飲んで正解や!

と言うております。

40代後半のおじさま方、オルニチンをぜひ一度お試しください(笑)。