母の納骨は父と同じく天王寺の一心寺さんへ。

スポンサーリンク

こんにちは、 風邪なのかインフルなのかわからない咳が出ているリエ (@riereco)  です。

もう先月の話になりますが、母の納骨を済ませて来ました。

納骨のお寺さんは、天王寺にある一心寺さん。

このお寺には、私の父とオットの母、そしてオットのおばあちゃんがお骨佛になって眠っています。

一心寺さんは、納骨された色んな方のお骨で大きなお骨佛さんになります。

お墓と違って、家族がお参りに行かなくても色んな方々がお骨佛さんに手を合わせるので、寂しい思いをさせないかなぁと思ってます。

受付でせがきを書いてもらい、納骨料を払って本堂に入ります。

母の遺骨は小さいものにしたので、納骨料は1万円です。

お経をあげてもらい、お焼香をしたら普通のお参りは終わりですが、納骨はその後、本堂の裏からお骨佛堂に入り、さらにお経をあげてもらいます。

最後に残ったお骨ともサヨナラ。

なーんか、人間の一生って呆気ないなぁって思った。

クヨクヨ悩んでるヒマがあったら、前向いて進まなね。

父が亡くなったあと、ひとりきりで働いて生きた母を思うと、頑張ろって。

新しいお骨佛さん開眼

そうそう、平成19年から28年までに納骨されたお骨を使って、14代目となるお骨佛さんが開眼します。

6月1日~30日まで、お焼香をあげたり参拝することができます。

前は開眼されるお知らせが来て、だいたい4日間で行われるんですが、みんな土日に行くでしょ?

土日に集中するわ、家族が受付を済ませないと中に入れないわで、境内も大混雑、周辺の道路もエライ混雑してました。

だって10年間の納骨ってすごい数でしょ?その家族がいっぺんに集まるんですから、そりゃ混雑もしますよね。

なので今回から「1ヶ月のうち、どれか都合のいい日に来てね」ということになったらしい。

一心寺さんも苦慮されたんですね(笑。

風邪かなぁ、関節が痛くなってきました。

そろそろ寝ます。

今日はこれでおしまいっ!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ブログランキングに参加中!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ