自動車保険の更新完了!走行距離が少ない人はソニー損保がオススメだじぇ。

スポンサーリンク

こんにちは、そろそろ歯医者に行かないとなぁと思ってるリエ (@riereco)  です。

うちの愛車の自動車保険を更新しました。

正確に言うと、更新時期に保険会社を変更したんです。

以前入っていたのは「おとなの自動車保険」。

40代以降の人は保険料が安くなるっていうアレですわ。

この保険に入った時は、保険の分類で「通勤・通学」「業務用」「日常・レジャー」のうち、「日常・レジャー」にしていたので、保険料はどの保険会社もだいたい同じでした。

それなのになぜ「おとなの自動車保険」にしたかというと、個人賠償責任保険が無制限で年額1,600円くらいで入れたから。

うちのような大型犬、特にゴールデンは人が大好き。人に会うと嬉しくって飛びつこうとします。

犬が好きな人ならいいんですが、嫌いな人も世の中にはいるし、特に面倒なのが子供!

子供が勝手に「犬かわいい~」とか言いながら近寄ってきたのに、犬の力の方が強いからちょっと手を出して子供がコケると犬のせいになるでしょ?

「あんたが悪いんちゃうの?」と言いたいのをこらえて「ごめんねぇ、大丈夫?」と言って済めばいいんですが、親が「どう責任取ってくれるん!」とか言うてきて、賠償問題になる可能性も無きにしもあらずでしょ?

そういうこともあって、個人賠償責任保険には絶対入るようにしています

ちょっと話がそれましたが、まぁそんな理由でおとなの自動車保険に入りました。個人賠償責任保険って単独では入れない保険なので助かりました。

そして無事故のまま更新の時期を迎えたんです。

自動車保険の更新時は必ず相見積もり!

私は毎回めんどうでも更新時期には相見積もりを取ります。必ずです。

1年も経てばいろんな事が変わっています。

通勤・通学に使っていた車も買い物にしか使わなくなったとか、子供が成人して免許を取ったので運転する年齢の範囲を下げないと…とか。

その逆もありますよね。

なので自動車保険は毎年見積もりを数社から取って、今の状況にあった保険、納得できる保険料の保険に入ればいいんです

「日常・レジャー」「主に通勤・通学」で変わる保険料

今年は「日常・レジャー」から「主に通勤・通学」へと車の用途が変わったんですよ、わが家。

なので相見積もりを取った結果、「主に通勤・通学」用途で車を使うとなると、どの保険会社も保険料がグンと上がりました。ある保険会社をのぞいて。

ある保険会社とは「ソニー損保」。

コマーシャルで「走る分だけ」ってやってますよね?

うちの場合、通勤に使うんですがそれでも走行距離はたぶん年間10,000万キロ以下。

それなのに他の保険会社は、通勤で使うという用途になると保険料がグググイ~~ッと上がったんです。

ソニー損保は本当に走る分だけ。用途は関係なし! うちの場合、保険料は年払いで36,940円

「更新の時期でっせ」とハガキを送ってきた三井ダイレクト損保は46,770円

おとなの自動車保険は47,000円

なんとその差、1万円近くも違いが出たんです! ちょっとちょっと~!って思いますよねぇ。

今回も相見積もりを取らずに、ただ更新していたら大損するところでした。

私は毎回、見積もりを一括でしてくれるサイトを利用しています。

【ズバット自動車保険比較】自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

 

ソニー損保の個人賠償責任保険は2017年4月1日から

おとなの自動車保険を選んだのは、保険料が他の会社より安かったのと、個人賠償責任保険に年額1,600円くらいで加入できるメリットがあったからです。

ソニー損保は私が契約した時点では個人賠償責任保険の付帯がなかったので、ある方法で安く個人賠償責任保険に入ることにしました。

ですが、ソニー損保は2017年4月1日以降の契約なら個人賠償責任保険を付帯できることになりました。

年額1,200円で、自転車事故、飼い犬が他人に負わせたケガなど自動車事故以外の賠償保険をまかなうことができます。

私はタイミングが悪かったので、来年の契約で付帯させようと思います。

安く個人賠償責任保険に入れた方法は、ちょっと記事が長くなるのでまた別の機会にお話しようと思います。

まぁ、自動車保険は毎回見積もりを取るのが一番ですね。一括見積もりなら簡単ですしね。

【ズバット自動車保険比較】自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

今日はこれでおしまいっ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ブログランキングに参加中!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ