年金っていくらもらえるか知ってる?生命保険の見直しする時に目安になるよ。

スポンサーリンク

こんにちは、 丸美屋のすき焼き風ふりかけにハマっているリエ (@riereco)  です。

こないだ、私ら夫婦が入っている生命保険の営業マンから連絡があったんです。

突然何かと思ったら、「がん保険を見直しませんか?」って言われたんです。

リエ
うちの母親もがんの治療に結構なお金がかかってたし、話を聞いて見直してみるか。

そう思って後日話を聞きつつ、今の保険の契約書を見るとふたりとも保障が60歳で終わりなんですよ。

えっ?60歳で終わるプランだったっけ?

営業マンにそう聞いても「そうですね~」としか言わない。

リエ
ちょっと、ちょっと! 私、60歳ってあと8年やねんけど!

あと8年で保障が切れるのか…。

オットは私より3つ年下なのであと11年あるけど、60歳になってから新たに保険に入ったらめっちゃ高いやん!

そう考え出すと居ても立ってもいられなくなり、がん保険の話は左の耳から右の耳へ流れていきました。

私はまだ服薬しているので無理やけど、オットの保険だけでも入り直そ。

とは言うものの、保障っていくらあったらいいんやろ?

自分の年金もあるし、オットが亡くなったら遺族年金ももらえるハズやし、保障っていくらいるんかなぁ。

保障がいくらいるのかを決めるには、年金がいくらもらえるのか知っておく必要があるよね。

べらぼうに保障の高い保険に入っても保険料高いし、逆にめっちゃ少なかったら不安でしょうがないし。

年金がいくらもらえて、その金額で食べていけるのかどうかわかった上で保障額を決めたほうがいいに決まってる。

よしっ。

年金がいくらもらえるのか、年金事務所に行ってみた。

ということで、年金といえば年金事務所。

平日仕事で相談に行けない人のために、毎月第2土曜日は全国の「年金事務所」と「街角の年金相談センター」が開いていて、相談を受け付けているそうです。

管轄とかも関係ないそうなので、勤務先の近くに年金事務所があるのなら行ってみるといいかもしれません。

混雑しているかもしれないので予約しておくとベスト。私は予約せずに行ったので、30分ほど待ちました。

行く前日に持っていく物は何かを電話で聞いておきました。

本人が来られない場合は委任状、年金手帳のコピー、実際に相談しに行く人の本人確認書類が必要です。

そうそう、50歳以下の人は大雑把な見込額しかわからないそうです。

オットはまだ49歳。

「オットは49歳ですが、生命保険の見直しをしたいので、私がもらう遺族年金の見込額でいいから教えて欲しい」と電話口のお姉さんに相談したら、「ご主人の委任状があれば大丈夫ですよ」と言われたので、年金機構のホームページにある委任状を印刷し、オットに書いてもらいました。

そしていざ年金事務所へ。

生命保険の見直しのために、遺族年金がいくらもらえるのか教えて欲しいと言いながら委任状を差し出しました。

「ご主人、まだ49歳ですよね? 委任状があっても年金額をお教えすることはできないんです。」

はぁ?

「いやいや、電話では委任状があれば50歳未満の方でも年金額をお教えできますって聞いたよ?」

「その者がどんなご案内をしたのかわかりませんが、できないものはできないんです」

プッチーーーーン!

久しぶりにブチ切れました。

わざわざ先に必要なものを聞いて来たのに、時間メッチャもったいないやん!人によって言うことコロコロ変えるなよっ!

もう腹立つ。ちゃんと電話に出る人間も教育しとけよ、腹立つ。窓口のオッサンを睨みつけて帰って来たったわっ!

年金額を調べるには「ねんきんネット」が便利だった。

それにしても、どうしたら年金額を知ることができるんやろ…。

家に帰ってからネットで調べてみたら、なんと「ねんきんネット」というものがあるらしい。

ログインパスワードなんぞ申請したら、もらえる年金額がわかるって!

というわけで、ねんきんネットに申込してみました。

 

1週間位でログインIDが載ってるハガキが届きました。

な~んや、最初からねんきんネットで調べたら良かった。

ねんきんネットはこちら⇒https://www.nenkin.go.jp/n_net/

ホームページの右上にある「ログイン」から入ります。

すると、「年金見込額試算」というタブがあらわれるのでクリック。

ここで見込額がわかるよ。

もらえる年金額も、3つほど計算方法があるようなので、簡単に知るもよし、詳細に知るもよし。

わざわざ年金事務所に行かなくても、ねんきんネットで知りたいことがわかりました。

でも、「年金の制度」については日本年金機構のホームページでわからなければ、年金事務所に行って詳しく聞いたほうが安心かも。私は二度と行きませんけど(笑。

というわけで、ねんきんネットを使えば簡単に年金の見込額を知ることができるよというお話でした。

これを踏まえた上で、次は生命保険の見直しをしたいと思います。

今日はこれでおしまいっ!

スポンサーリンク

あなたにシェアしてもらうとめっちゃ嬉しい!

ABOUTこの記事をかいた人

リエ

奈良県在住。終活とミニマリストに目覚めたアラフィフ。
オカメインコと2代目ゴールデンレトリバー、そしてオットの4人(?)暮らし。
【趣味】ふきそうじ 動物のお世話
【性格】楽天家 即行動 凝り性
中高年と言われる年代のこれからの生き方、お金、働き方などの悩みや不安を乗り越えて、
人生をプラスにかえていくブログです。
愛犬やオカメインコとの暮らしぶりも綴っています。