【大家族】メダカの赤ちゃんが増えすぎ!自然に習い対処するのが正解!

スポンサーリンク

メダカちゃん、増えすぎて困ってます? 私も困ってました!

今回は、メダカちゃんが増えすぎて困った場合の対処方法、そしてこれ以上増やさないためにどうしたらいいのかをお伝えしますね。

孵化したメダカは200匹以上!

 

びっくりするくらい増えすぎためだか。

朝、エサをあげようとベランダに出て水槽を覗き込むと、

 

絶対きのうより増えてるやん!

っていう増え方してました。

 

最初はじーっと目を凝らして見ないと稚魚が見えなかったのに、今では一瞬で見つけることができるほどです。

もうホンマ、ウヨウヨ~!って感じでした。

 

そんな増え方をしたメダカでしたが、飼い始めから世代交代を繰り返しながら減ったのも事実。

あれ?そういえば、なんで減ったんやろ?

 

増えるには理由がある、減るのも理由がある、と思って今回メダカの生態を勉強しましたよ!

スポンサーリンク

飼育が簡単なので夏場になると爆発的に増える

ねこやまさん
うさ田さん、どうしたんですか?ガラガラ・・
うさ田さん
いや~、うちで飼ってるメダカが増えすぎてしもうて
ねこやまさん
あれ?メダカはわたしの大好物ですよ♪
うさ田さん
相談する人を間違えた・・・

 

メダカは小さい体ながらも、ものすごい生命力の持ち主です。うちはベランダで飼ってるんですが、水が分厚く凍るような寒い冬も平気で越しますからね。

そして5月を過ぎる頃になると、一斉に卵を産みます

そして体が小さいということは、自然界では捕食される側ですよね?卵を沢山産まないと、子孫が残っていきません。

自然界では、卵や稚魚がフナに食べられたりザリガニのエサになりますので、爆発的に増えることが無いわけです。

見た目のかわいさと違うメダカ

メダカは見た目が小さくて可愛いですが、実は獰猛ないきものです。

水槽の中で飼われているメダカは、飼い主が与えてくれるエサがなくなる、ボウフラがいなくなる、そんなん関係なしに、目の前の小さな生き物はとりあえず口に放り込むんです。

 

ということは?

 

そうです! メダカは稚魚や卵でさえ食べまくるんです!

 

 

増やしたくなければ放置する

私も最初、メダカが増えて困ってしまって、あ~、どうしよう~とか言いながら、稚魚を見つけたら親とは違う水槽に入れてました。

これが稚魚を増やしてしまう原因だったんですよ。

増やしたくなければ、親のメダカと同じ水槽に入れたまま放置!

これに尽きます。
image31

私は稚魚を見つけたので、慌ててバケツに移してたんですが、それがあだとなり今では200匹以上います。

増やしたくなければ、稚魚をみつけても親と離さない。そうすれば、おとなのメダカが卵や稚魚を食べます。可哀想だけどそれが自然界。

それで数が増えても、水槽の大きさに合わせて淘汰されていきます。より強い生命体のメダカは自然と生き残っていくということです。

 

何年か飼ってきてメダカが減った原因は、年をとっておとなのメダカは亡くなっていくのに、稚魚は食べられて増えなかったということです。

また増やしたければ、稚魚を見つけたら他の水槽へ移して育てればOK。

なぜ増えるのか、なぜ減ったのかを考えると、案外答えは自然界にあったんやなぁというお話でした。

ほな、バイナラ!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ブログランキングに参加中!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



ABOUTこの記事をかいた人

リエ

奈良県在住。終活とミニマリストに目覚めたアラフィフ。
オカメインコと2代目ゴールデンレトリバー、そしてオットの4人(?)暮らし。
【趣味】ふきそうじ 動物のお世話
【性格】楽天家 即行動 凝り性
中高年と言われる年代のこれからの生き方、お金、働き方などの悩みや不安を乗り越えて、
人生をプラスにかえていくブログです。
愛犬やオカメインコとの暮らしぶりも綴っています。