年賀状を出すのがめんどくさいので2016年からカンペキやめてます。2017年もLINEで「あけおめ」

スポンサーリンク

こんにちは! リエ (@riereco)  です。

年賀状って毎年きちんと書いてますか? 私は今年までは書いてたんですが、めんどくさいのでやめました!パートで働いてる時に上司から年賀状もらったんですが、私は送りませんでしたし

お正月明けの初出勤の時にあいさつしますよね。年賀状いらんやんって思いません?

疎遠になってる友達に「今年こそは会おうね!」とか、「久しぶりやけど元気にしてるん?」とか、年に一回、それも紙面で言われても「あほか」って感じ。

なんにも心のこもってないそんな年賀状もらって嬉しいですか? 「今年こそは会おうね」って言うて、会った試しあります?私はないです。

そこまで疎遠になってるのに、会って何を話しすればいいんやろ、かえって悩むわ。子供が嫌いな私は、年賀状に会ったこともない子供の顔写真付きで送られた日にゃぁ、破り捨てたろかと思う。

年賀状をLINEにしたら、「あけおめ~~~」って、一言で済むし簡単楽ちんです。

スポンサーリンク

年賀状がめんどくさい理由

1そもそも時間がない

これです。一番の理由は「時間がない」です。そう、現代人は忙しいのです。スマホもチェックせなアカンし、正月の直前には楽しいクリスマスというイベントが待ってるし、年末に向けてそわそわする。年賀状を書いてるヒマはないのだ。

 

2宛名を書く

去年の年賀状を棚から引っ張り出してきて、送る人、送らない人に分けて宛名を書く作業がめんどくさい。プリンターで印刷したいねんけど、

リエ
宛名くらい手で書くもんやで、普通

とか言われたら腹立つから印刷できないのが悔しい。筆ペンもわざわざ買ってこないとアカンし、慣れない筆ペンで書くのがめんどくさい。

 

3デザインを決める

年賀状のデザインって毎年同じようなもんやのに、なぜか悩む。

リエ
え~っと、来年のえとは何やったっけ?え~っと。

ダジャレでも言わんとやってられへん。年末はクリスマス気分にどっぶり浸ってるのに、和風の柄をチョイスする気分になれない…。

 

4その人のことを思い出してひと言書く

これこれ、めんどくさいの。疎遠になってて近況もわからんのに、

リエ
元気? 私はメッチャ元気!

とか書いても、相手が闘病中かも知れんし気を使うよね。それとか、

リエ
今年こそ会いたいね!

って書いて、ホンマに相手から連絡あったらかえってビビる。

 

5印刷する

宛名はしょうがないから筆ペンで書くけど、裏のデザインを印刷するのがめんどくさい。家にプリンタがあればいいけど、インクが途中で無くなったりするとヤマダ電機に走らんとアカンし。

年賀状の裏表を間違ってボツにしてしまったり。なんせめんどくさい。

「年賀状はやめました宣言」をしよう!

そうは言っても急に年賀状を送らなくなると、

リエ
あれ?◯◯ちゃん、今年は年賀状来てないわ。喪中やったっけ?

と、変な心配をかけてしまいます。

そうならないように、「年賀状はやめました」宣言をしよう!

もし今年も年賀状を出すのなら、「来年以降の年賀状でのご挨拶は遠慮させていただきます」とひとこと書いておけば来年から楽になります。

普段会ってるような仲のいい友達なら「年賀状やめたから、LINEするね」と気軽に言えるでしょう?

この年末も年賀状を出す気がなくて、毎年イヤイヤ上司に年賀状出してるなら、今年は出さずに知らん顔しておきます。

そして年明け、上司に

上司役のオット
◯◯さん、年賀状出したのに、くれなかったね。

って言われたら、すかさず、

リエ
全ての人に年賀状を出すのをやめましたから。

と宣言します。もう来年以降も出さずに済みます。

「一年に一回くらい、年始にきちんとあいさつしないとね」と思ってる方はめんどくさいなんて思わないでしょう。それは素晴らしいと思います。

でも私はもう年賀状は出しません。変な人と思われても別にかまわないです。

年末にゆううつな気分で書く年賀状を届けるくらいなら、今後も付き合っていきたい方には、電話をかけたりFacebookでお声をかけることにします。

もらった年賀状をどうやって処分して良いのか悩む

postcards-1365409_1280

もらった年賀状って何年くらい保存しておけばいいのか悩みますよね。

引っ越しした友人の古い住所の年賀状は捨てるとか、何年間か年賀状が来てない人のは捨てるとか、何かルールを決めておかないと年賀状で棚が独占されます。

年賀状を処分するにも、シュレッダーがあれば簡単ですけど、ないと個人情報が見えないようにビリビリに破く作業もめんどくさい。

わが家では年賀状を処分するルールを決めています。

  • 会社の人から来た年賀状
  • 3年経ったもの
  • 住所が変わった人
  • もう付き合いのない人

これらの年賀状はシュレッダーで処分しています。

まとめ

節分やひな祭り、端午の節句など、日本に昔からある行事も多いですが、年賀状だけはどうしても嫌いです。めんどくさい。今どき年賀状をもらって喜ぶのは子供だけじゃないでしょうか。

昔はプリントごっこという年賀状を家でプリントできるものがあって、年賀状を刷るのが楽しかった時期があります。でも時代の流れでプリントごっこも製造中止になりましたし、年末に本屋の店頭にズラリと並べられていた「筆ぐるめ」や「筆まめ」のデザインの本も、年々店の奥へ配置されています。

今でもその年賀状ソフト付きの本を楽しみに買っている人はほとんどいないんじゃないでしょうか。会社へ送る年賀状を作るのに買ってるんでしょうか。

今どき会社が会社へ送る年賀状なんて、社長も社員も見ませんよ。事務員さんが「お年玉があたってるかも♪」とチェックするくらいでしょう。

私が会社員をしている時、営業のある男性は、友人が郵便局に勤めていて年賀状をさばくノルマがあるらしく、年賀状を買うならその人から買って欲しいと言われ、100枚注文したことがあります。

年賀状を買う人が少なくなってるのに、郵便局は相変わらずノルマがあるってアホみたい。

私は年賀状をやめて年末がゆううつじゃなくなりました。クリスマスもお正月も楽しく過ごしています。面倒くさいと思いながら書いてる年賀状ってもらっても嬉しくないでしょ?

嫌ならスッパリやめる。それで良いと思いますけどね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ブログランキングに参加中!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



ABOUTこの記事をかいた人

リエ

奈良県在住。終活とミニマリストに目覚めたアラフィフ。
オカメインコと2代目ゴールデンレトリバー、そしてオットの4人(?)暮らし。
【趣味】ふきそうじ 動物のお世話
【性格】楽天家 即行動 凝り性
中高年と言われる年代のこれからの生き方、お金、働き方などの悩みや不安を乗り越えて、
人生をプラスにかえていくブログです。
愛犬やオカメインコとの暮らしぶりも綴っています。