固定電話をはずしました。節約はもちろん、セールスやオレオレ詐欺防止になって気分もスッキリ!

スポンサーリンク

こんにちは。靴下を履いていて、脱いだときの開放感がたまらんなぁと思っているリエちん (@riereco)  です。

おたくの固定電話、常に留守番電話になってませんか?

うちの固定電話は常に留守番電話にしてました。

なぜかと言うと、かかってくる電話といえばほとんど勧誘・セールスの電話でしたからめっちゃストレスだったんですよ。

ちょっと前に資料請求した保険会社や、長い間使ってなかったショップなど、いつまで私の個人情報持ってるんじゃ、ボケと聞きたくなるほどです。

私に用事のある人は、私のiPhoneにかけてきます。そんなことが長いこと続いて家の電話ってまったく使わなくなったんですよね。

「固定電話って無くしたら困ることあるんかな?」と思いつつ、ある日ふと電話をはずしてみたんです。

すると勧誘の電話がかかってくるストレスから開放されて気分スッキリ!

これからどんどん年を取って、オレオレ詐欺にひっかかるかも知れんという恐怖からも開放されました。

「固定電話っていらんやん!節約になる!」と大喜び!

でも固定電話をなくすことで、何か困ることもあるんちゃうの?と調べたことも含め、今日は家の固定電話をはずしたときのメリット・デメリットについてまとめてみました。

そもそも固定電話の料金っていくら?

うちはeo光電話です。

eoのマイページで電話の基本料金を確認すると…。

ネットと電話のセット割引で電話の基本料金はタダ。

番号表示サービスとルーターを借りてる利用料だけでした。

これに通話料金がかかってきますが、全く使うことがないので通話料は0円。

電話をはずしてるのに番号表示サービスはいらんやろ、ということで早速eoに電話して番号表示サービスを解約しました。仕事が早い(←福屋工務店か)。

NTTで固定電話の契約をしているご家庭は月々1,700円でしょうかね。ほとんど使わないものに毎月1,700円払ってるんですよ?もったいないでしょ。

おまけにこのスマホ全盛期にわざわざ家の電話で電話します?

LINEでスタンプ送って済むことも増えたし、ますます固定電話の必要性って無くなってきたように思いますがどうでしょうか。

固定電話をなくすメリットをあげると、

  1. オレオレ詐欺の恐怖から開放される。
  2. 勧誘やセールスのストレスがなくなる。
  3. 節約になる。

こんなところでしょうか。

次に、デメリットはないのか調べてみました。

 

固定電話がないと住宅ローンの審査が通らない?

昔は銀行で住宅ローンを組むときに固定電話がないと審査に通らないという話を聞いたことがあります。

私はYahoo!の知恵袋が大好きでよく閲覧していますが、固定電話がなくても住宅ローンの審査やクレジットカードの審査に通ったという方がたくさんおられました。

まぁ、今は金利が安くなってるので住宅ローンの借り換えを検討している方も多いと思いますが、固定電話は明記しないとダメなのか、一度銀行へ問い合わせてみたほうが良さげですね。

消防や警察などの緊急通報が使えない?

スマホが050から始まるIP電話の番号しかない場合、固定電話がなくなると緊急通報できる電話がなくなって困ることになります。

050から始まる電話番号からは緊急通報ができないんですよ!

万一の時に警察や救急車も呼べないなんてシャレにならないですからね。

スマホの080か090から始まる電話番号からは緊急通報ができます。

なので私のiPhoneは、080から始まる電話番号が持てるデュアルプランにしています。

固定電話をはずすなら、スマホは緊急通報ができるプランに変更する必要があります。

固定電話をなくすデメリットをまとめると、

  1. スマホを080か090から始まるプランにしておかないと緊急通報ができない
  2. 住宅ローンなどの審査に通らない可能性がある
  3. 毎月コストがかかる

まとめ

固定電話をなくすメリット・デメリットをあげてみましたがいかがでしょうか?

うちは固定電話の契約自体はまだ残してあります。

あと数ヶ月、固定電話のない生活を送ってみて何も不便を感じない、なおかつネットとの絡みも兼ねて損がないようなら解約しようと思っています。

使っていた電話機はFAX付きの電話機だったので、ヤフオクで売り飛ばしたら結構な金額で売れました。(笑。

きのうの地デジアンテナの話でもそうですけど、今まで当たり前のように使っていたものをなくすのって勇気がいりますよね。

ほんまに大丈夫かいな?って心配になります。

コストだけを考えると失敗することもあるので、そこはよ~~く考えてみてくださいね。

 

今日はこれでおしまいっ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!