【まさか改悪?】私の大好きなココナッツサブレ。新旧どちらも買って比べてみた!何が違うのか?!

スポンサーリンク

こんにちは、 リエ (@riereco)  です。

実はココナッツサブレは私と同い年。1965年生まれなんですねぇ。親しみ感じるわぁ。

ココナッツサブレをご存じない方のために解説すると、

大阪府堺市堺区に本社を置く日本の菓子メーカーである日清シスコ株式会社(にっしんシスコ)から、1965年、日本の高度経済成長期に生まれたココナッツサブレ。
ソ連の宇宙飛行士が人類初の宇宙遊泳に成功したこの年、当時としては画期的な、ココナッツ風味とシュガーテイストのお菓子として人気を博しました。

引用:日清シスコ

その大好きなココナッツサブレが新しく小分けになって販売されました。

どこがどう変わったのか確かめたくってスーパーに買いにいったら、めずらしく新旧そろって売ってました。

これが今までのココナッツサブレ。

image90

 

こっちが新しいココナッツサブレ。

image91

ふむふむ、パッケージの一部が透明になって中身が見えるようになってますね。

パッケージの裏を見ると、

image92

 

おお~、小分けを強調されてますねぇ。

今までのパッケージだと、一度開けたら残した分が湿気るのが心配で、全部いっぺんに食べきってたんですけど(@言い訳)、小分けなら明日もあさっても食べられますね。

っていうか、美味しいからついつい一袋全部食べてしまうんですけどね。

まさかの改悪発見?!

裏をよ~く見ていると、ふと内容量が気になり比べてみました。

これは新しい小分けのココナッツサブレ。

image93

20枚入りですね。

で、こっちは前のココナッツサブレ。

image94

 

おいっ!減っとるやないか!

ま、ま、まさかの改悪・・・?

2枚も減らすとは・・・シスコさん、がっかりでっせ!

とはいえ、ココナッツサブレ自体に大きさの変化がないし、小分けになって食べやすくなったので、まぁ、ヨシとするか。(偉そうに)

小分けのパッケージもかわいいしね。

img_6034

 

パッケージを開けて食べようとすると、美味しいのを知っているぼんちんが現れた!

 

img_6036

危ない、危ない、この距離ではパクッとやられるところでした。

このあと、小分けをひとつオットにあげて、私ももうひとつの小分けをいただきました。

シスコさん、これからも美味しいココナッツサブレを作り続けてね~!

ばいなら~!

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

リエ

奈良県在住。終活とミニマリストに目覚めたアラフィフ。
オカメインコと2代目ゴールデンレトリバー、そしてオットの4人(?)暮らし。
【趣味】ふきそうじ 動物のお世話
【性格】楽天家 即行動 凝り性
中高年と言われる年代のこれからの生き方、お金、働き方などの悩みや不安を乗り越えて、
人生をプラスにかえていくブログです。
愛犬やオカメインコとの暮らしぶりも綴っています。